ちょっとホッとするコラム(略してホッコラ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「半沢直樹」を考えてみる

<<   作成日時 : 2013/09/29 06:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 22

皆さんは、「半沢直樹」を見ていましたか?
最終回の視聴率は関東42%、関西45%ともはや社会現象と言ってもいいほど、多くの人が見ていたことになりますよね。

では、なぜ多くの人の共感を呼んだのでしょう。

サラリーマンなど組織で働く人の立場から見ると、主人公に対するあこがれがあるんでしょうね。
自分も上司にあんなこと言ってみたい、でも言えるわけがないから半沢直樹に代弁してもらっている。

ただね、課長ごときが支店長に土下座をさせるなんてこと、あり得ないです。
まあテレビでは悪人と善人を明確に分けていますから、あれでいいんでしょうけど、半沢は支店長の悪事を見逃す代わりに自分の出世を手に入れました。

それって本当に善人がすることなのかな?

そして東京に戻ってきた彼は親の敵、大和田常務と直接対決します。
頭取の椅子を狙う大和田は、会社に与えた損失を故意に見逃し、それを半沢と半沢を指名した頭取の責任にしようと画策。
それを見破った半沢は取締役会の席上で、大逆転劇を演じます。

でもちょっと待って。
半沢の上司は何をしていたのでしょう?
基本的に取締役会で発言権があるのは取締役だけです。
部下が決められた事項だけ補足説明することはあるでしょうが、全てひとりで説明するなら上司はまったく物事を把握できていないことになります。
そんな危ないことはできません。
取締役会は法律で定められた会議ですから。

まあそこはドラマなのでよしとしましょう。

問題なのは大和田常務に土下座をさせるシーン。
銀行のナンバー2である大和田は大勢の部下の前で、たかが次長に土下座をしました。
あれは半沢の個人的な恨みによる復習でしかない。

取締役会の席上、頭取は何度も彼を止めました。
「もういいだろう」
と。

けれど彼は止めませんでした。
結果、彼は出向になりました。ドラマをご覧になった方は
「なんであんなに活躍した彼が出向になるの?」
と思う方もいるでしょうが、組織としては当然の結論です。

そして頭取もまた自身の保身と組織の維持を考え、大和田を降格で済ませました。
このタイミングで大和田を切っても、また次の大和田が出てくる可能性がありますから、これで頭取は反対勢力を押さえ込むことができたのです。
お見事。

ドラマとしては当然続きを考えての最終回ということになるのでしょうが。

実際の会社組織では完全な悪人も完全な善人もいません。

部下がヤキトリ屋で上司の悪口を言うのは日常茶飯事ですが、悪口を言われている方が100%悪いわけではないのは当たり前のこと。

ですから「水戸黄門」のような勧善懲悪は、わかりやすい。

ましてや中間管理職が叩きのめされながらも悪人の上層部をやっつけてくれるのですから、それは気持ちいい。

そしてところどころ、誰もが見に覚えがあるセリフが出てきます。

「部下の手柄は上司の手柄、上司の責任は部下の責任」

「銀行ってところは晴れの日に傘を貸し、雨が降ったら取り上げる」



もうひとつ。
半沢直樹の奥様、花ちゃんがいいですね。
彼女の活躍がまさに花を添えています。
「あんな嫁さんだったら、いいのになあ」
と多くの人が思ったことでしょう。

うる覚えですが、原作では花ちゃんは登場しないはず。

そこは脚本家のすごさだとボクは思いました。

そうなんです。
ボクは原作を読みました。
でもはるか昔なのでいい感じで内容を忘れていて、ドラマも楽しむことができました。

今回の続きになるだろう「ロスジェネの逆襲」まで、しっかりね。

ちなみにボクもバブル世代入社。
ドラマの続きを楽しみに待ちましょう。

興味がある方は原作も読まれてはいかがですか。


オレたち花のバブル組 (文春文庫)
文藝春秋
2010-12-03
池井戸 潤

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オレたち花のバブル組 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



オレたちバブル入行組 (文春文庫)
文藝春秋
池井戸 潤

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オレたちバブル入行組 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ロスジェネの逆襲
ダイヤモンド社
池井戸 潤

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロスジェネの逆襲 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




直木賞受賞作品の「下町ロケット」も面白かったです。




下町ロケット
小学館
池井戸 潤

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 下町ロケット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。 koji

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

忙しい日が続いて、テレビをゆっくり見ることができなかったので・・・
kojiさんのブログで、話題のドラマの内容がよ〜くわかりました\(^ー^)/。
どこに行っても、このドラマの話ばかり聞いていたので、とっても気になっていました〜。

原作も読まれたのですね〜。

いつも温かいコメントを下さってありがとうございます(*^o^*)。

また楽しみに訪問させていただきますね(^o^)/。
今日も良い一日をお過ごし下さい。
cafe
2013/09/29 07:35
買いました!!原作本・・・
いざ、読もうとして・・・愛用の?老眼鏡をかけてみましたら・・あらっ?なぜか見ずらいわぁ〜(-_-メ)
進んでたんですねぇ・・・老眼がっ(笑)

先ずは・・・老眼鏡を買い替えることからはじめまぁ〜す(^o^)/笑
トヨママです!
2013/09/29 12:23
cafeさんは毎日のお弁当作りに、家族の送り迎えに、入院されているご主人の病院通いにと大活躍ですものね。
ドラマよりすごいですよ!(^^)!

今月はいつもと少し違う記事にチャレンジしていまーす。

コメント、ありがとうございました。
cafeさんへ koji
2013/09/30 07:14
トヨママさん
ボクも最近、手元の小さな文字を見るときはメガネを外した方が見えるようになって、ついに遠近両用メガネを作りました(^-^;)

原作も面白いので、楽しんでくださいネ。
コメント、ありがとうございました。
トヨママさんへ koji
2013/09/30 07:18
こんばんは。
先日は、ご丁寧なコメントを頂き、ありがとうございました。
お詫びなんてとんでもありません。
私が睡眠障害があることをお知らせせず
帰って気を遣わせてしまい、申し訳ありませんでした。

半沢直樹。。。そんなに面白いのか。。じゃあ、観て見よう。と
もう終盤見ました。
もっと前から見ればよかったです。
最後のドンデン返し。。でもあれはあれで正解なのですね。
丁寧な記事、、ありがとうございました。
実は原作を買いました。
いつか読むつもりです。
読書の秋の予定が、思うように進まず。。
食欲の秋になりそうで、セーブ中です。

またお邪魔させて下さいね。
ちゃる
2013/10/01 22:58
おはようございます。
ご無沙汰しております。
こんな登場ばかりです(^^;)

しばらくブログに遠ざかっていたのですが
ブログのタイトルを変えられたのですね。
きままな私ですがまた、よろしくお願い致します。
yu-ari
2013/10/03 05:33
私も途中から見るようになりました。

流れの中で、あんなことないよな、、と思いつつ何故か次が気になりました。
本当に銀行の内部はあーなのかなーと思う部分もありました(ドラマと思い差し引いても、、、)
羅輝
2013/10/03 10:26
ちゃるさんこそ、謝らないでください。
こちらが恐縮してしまいます。
でもコメントをいただきほっとしました。
過去にもブログのコメントで無意識のうちに人を傷つけてしまったことがあったので。

半沢直樹、原作を買われたのですね。
本も面白いです。
読書の秋を楽しめるといいですね。

コメント、ありがとうございました。
ちゃるさんへ koji
2013/10/03 22:31
yu-ariさん、ようこそいらっしゃいました。
いかがお過ごしでしたか?

このブログタイトルはいかがでしょうか?

またお越しくださいネ。

コメント、ありがとうございました。
yu-ariさんへ koji
2013/10/03 22:36
羅輝さんも見ていましたか。

ボクは銀行員ではありませんが、会社でも
「部下の手柄は上司の手柄」「上司の責任は部下に押し付け」
みたいに感じるところはありますね。
ですから半沢直樹を見ると、胸がすーっとする人が多いのではないかと思います。

コメント、ありがとうございました。
羅輝さんへ koji
2013/10/03 22:41
kojiしゃん〜〜♪
ごぶさたでしたお許しを

舞台が東京編になってからドラマにのめり込みました
すぐに入り込めてすぐにのめり込んですぐに次回を楽しみにというドラマでした家族が観ないから録画でみんなより遅れて観てましたが だからこのような録画の人もいるのだから視聴率はもっといいはずですよっ

そうですねっおばちゃんのあじ丼はあの人この人その人俳優さん女優さんの様子をしっかり見てるって感じですね もちろん内容もですが。。。
でもでも最後はやはり 続くって言葉が頭の中に浮かんできてしまい
なんでやねん〜〜〜〜〜〜ヽ(´〜`; ォィォィ 
だったわねっ

毎回毎回1時間というのがあまりにも短く感じられたドラマでしたね
うんうん

またのんびり参りますよろしくですよっ
ほい あじ丼(*^-'*)>☆
紫陽花
2013/10/04 13:00
あじ丼、お目覚めですね。

ボクもドラマは基本すべて録画で見ています。
だから何曜日のドラマなのか、知らなかったりします。
(録画はツマにお任せなので)

確かに1時間が短く感じられるドラマでしたね。
「倍返しだ!」
は、今年の流行語のひとつになるでしょう。

また、いらして下さいね。

コメント、ありがとうございました。
紫陽花さんへ koji
2013/10/05 06:58
堺雅人がイイですネ
明日からリーガルハイですネ
ボクの中では主演半沢直樹ですネ
石五郎
2013/10/09 00:24
石五郎さん
堺雅人さんは確かにいいですね。
あの顔演技がいい。
どアップの目力、そして
「倍返しだ!」
の決めぜりふ。
続編が楽しみです。
(でるのかな)
コメント、ありがとうございました。
石五郎さんへ koji
2013/10/09 07:17
あの人この人その人

その中の一人ですが 
鶴瓶しゃんの息子さん駿河太郎さんも出演でしたねぇ うんうん(伊勢島ホテルの社長役の人) NHK朝ドラのカーネーションで一躍有名になったんですよねっ
たくさんの人を眺めていました

んでもってこのドラマ主役の堺雅人さんもですが、本日笑っていいともに出演してました まぁ 最高に愉快な堺雅人さんでしたわぁ
 
ほい あじ丼
紫陽花
2013/10/09 16:52
あじ丼

> 鶴瓶しゃんの息子さん駿河太郎さんも出演でし たねぇ
ホント、親子で出演でしたね。
結構濃い役者さんが出演されてましたし。

続編が楽しみです。

待ちきれない人がたくさんいるようで
「ロスジェネの逆襲」
が売れているようです。

コメント、ありがとうございました。
紫陽花さんへ koji
2013/10/09 18:32
kojiさんのブログ、大変興味深く拝見させて頂いております。

当方は、発達障害故に、kojiさんの様な温かみのある適切な返答が出来ず、どうしても角が立つ様な事になってしまうので、それを回避しようとすると、中々に返答は難しいとラビリンスに嵌ってしまいます。

kojiさんのブロを参考にして、色々な事を学ばさせて頂きたいと思います。

kazukun
2013/10/12 08:06
kazukun
皆さんのブログへのコメントや自身のブログに頂いたコメントの返しって、やさしくないですよね。
ボクも試行錯誤の繰り返し。
これでも、ブログのコメントの一言でブロガーの方を傷付けてしまったり、自分が気づかぬところで地雷を踏んでしまったことが少なからずあります。
その経験で得たことのひとつは、
「正論は控えめにしよう」
という気づきでした。

拙い文章ですが、ボクもガンバリマス。

これからもよろしくお願いいたします。
kazukunへ koji
2013/10/14 07:08
こんにちは。
お久しぶりです。
私も忙しかったのにコレだけは動画で見てしまいました。。。
黎明
2013/10/18 17:37
黎明さん
お久しぶりです。
忙しくてもお元気ならOK!です。
ドイツでも見ることができるのですね。
すごい時代だ。

コメントありがとうございました。
黎明さんへ koji
2013/10/19 07:26
有難うございます。元気です!
でも、ここへきてちょっぴりバテた感ありなのですが、ちょっと調整、調節して、復調しつつある・・・ってところです〜。
これだけ活動できるようになれたんだもの、こんな有難いことはありません。。。感謝感謝です。
そうなんですよ、結構なんでも見れるみたいです。すごい時代になりました。
20年前とは大違いです、いやほんとに。。。
黎明
2013/10/22 06:36
黎明さん
お元気そうで何より。
でもご無理なさらぬように。

> そうなんですよ、結構なんでも見れるみたいで す。すごい時代になりました。
ホント、驚きの時代ですね。

コメント、ありがとうございました。
黎明さんへ koji
2013/10/22 07:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
「半沢直樹」を考えてみる ちょっとホッとするコラム(略してホッコラ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる