天才を殺す凡人

今日も本のご紹介。それは「天才を殺す凡人/日本経済新聞社/北野唯我著」この本に挟まっていたしおりに、簡単なYES・NOチャートが入っていて、それに答えていくと自分が天才か秀才か凡人かがわかるという。ボクはもちろん?凡人だった(笑)  おそらく、多くの人は凡人になると思う。  世の中で大成功した起業家や大金持ちを除いて、実際に…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

妻のトリセツ

こちらのブログを読んでくださっている皆さまからすると、koji家にはこのような本は必要ないんじゃない?と思うかもしれませんが、そこはやっぱり男と女の違いはあるわけです。  例えば中学生になったら放任主義で、できるだけ自分で考えて自分で決めさせるようにする。口も手もできるだけ出さずにただ見守っている。そんな考えから「もう小学生じゃな…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

体で感じられてから脳が動く

 脳科学が好きでそれに関係がある本をちょいちょい読むのですが、脳は体がないと何も感じられないし、何もはじまらないそうなのです。  そこで今回は脳の構造を元に作ったコンピュータと比較するところから始めたいと思います。  コンピュータを動かすには、コンピュータにある命令を入力するとその命令を処理して答えを出します。  つまり【入力】→…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

暮らしやすい街(妄想)

 9月に「地方と東京の違い」という記事を書いたけど、暮らし易さで考えると、ボクは地方都市がいいのではないかって思う。  例えば、札幌市。そこはコンパクトな都市で、東京にあるものはだいたい揃ってるし、地下鉄が張り巡らされているから交通の便もいい。少し足を伸ばせば、温泉地も観光地もあちこちにあるし、今は高速道路も整備されて、人口が少な…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

毎日同じ? 毎日違う?

 以前、ひょんなことから若い美容師の卵とお話をする機会を持った。彼女は、毎日シャンプーばかりでイヤになると言う。  その気持ちはわからなくはないけど、あえてボクはこんな話をした。  毎日シャンプーをしてるってことはさ、毎日同じような作業ばかりしてるということだよね。けれども考えようによってはさ、毎日違う頭を洗ってるわけで毎日違う髪を…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

4色ボールペンの緑色って、インクの出が悪くない?

 昨日は4色ボールペンの使い方について説明しましたが、ボクが愛用しているのは、三菱鉛筆のジェットストリーム4+1、0.7mmという商品。  表記のとおり、ボールペンは0.7mmが好き。  0.5mmの替え芯も試してみたのだけど、インクが残ってるのに途中で色が薄くなったり、最後まで使えきれなくなることが多い。  ジェットスト…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

4色ボールペンの使い方

 ボクは10年以上前から4色ボールペンを使い続けているのだけど、たまに「4色も何に使うの?」と聞かれることがあるので、今日はその使い分けについて説明しますね。  まず、色分けの基本から。  赤と黒は仕事。  青と緑はプライベートに分けてます。  使い方は例えば、赤で「○○の件で打ち合わせ」と書き、黒で「佐藤・鈴木・高…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

仕事の優先順位の決め方

 以前にも書いたのだけど、ボクは基本的に依頼された仕事は断らない。だから仕事の優先順位は毎日のように変化する。優先順位の付け方は①この仕事が後行程に与える影響度合い、②自分の代わりにこの仕事をできる人がいるかいないか、③納期で決めてます。 ①この仕事が後行程に与える影響度合い  これは、自分の仕事が早く終われば、この結果を元に次…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ビデオ録画とやりたいことの関係について

 数年前に購入した我が家のビデオは、500MBのハードディスクに1TBの外付けハードディスクをプラスしてるのに、時々「録画時間の容量が残り少ない」と表示される。  家族4人分の見たい番組が入ってるから仕方ないと言えなくもないけど、冷静に考えたら録画した番組を全て見るのは不可能なはず。確か70時間分くらいは溜まってるから、丸三日寝ないで…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ぼーっと眺めてていいよ

 いつも一所懸命に生きろとか、まあまあだいたいの人生で良いのなら、ここに学びに来る必要はないなどとおっしゃる師が、たまに、「ぼーっと眺めてていいよ」と言うことがある。  ん?  ボクたちはいつもなにがしかの成果・結果を求められている。働いていればそれは当然なのだけど、生き方としては、毎日やるべきことを地道にコツコツと続けてい…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more