テーマ:マインドマップ

イラストが苦手でもマインドマップは使いこなせます!

「目指せ! スキー上級者」という記事でヘタクソなイラストをご披露したら、ブロ友さんからお褒めの言葉をいただきました。  ありがとうございます!  思い起こせば子ども頃から絵は苦手科目。  30代後半のときには幼稚園の参観日で、親子一緒に絵を描きましょう!という時間があり、そのときボクが描いた絵を見た娘の一言。 「おとうさ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

今年の目標を100個書き出してみた

 敬愛しているマインドマップメンタルコーチのブログに、今年の目標を100個書き出したという記事があったので、マネしてみることに。  彼女のすごいところは頭の中でマインドマップが描けること。エアーマインドマップ。  ボクは既に今年の目標マインドマップを書き終えていたので、それを見ながら箇条書きで書き出してみる。  もっともマイン…
トラックバック:1
コメント:23

続きを読むread more

マインドマップで卒業文集の原稿を書いた話

 週末、ツマが小6の長男に向かってボクにも聞こえるように、 「お父さんに、卒業文集書くの手伝ってもらいなさいよ」 と言うので、 「卒業文集?それはマインドマップだね」 と答えるボク。  長男用の無地のA4ノートを出してと。  まずはミニマインドマップを書こう。 黒い水性ペンで紙の真ん中に楕円形を書いて「小学校の思い…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

CIA(公認内部監査人) Part3試験に合格しました!

 CIA(公認内部監査人)試験、Part3に合格しました! これで晴れて立派な諜報部員になれます(もちろんウソです)。  去年の4月から平日の夜を基本に予備校へ通い始め、8月下旬にPart1の試験を受けて不合格(その時の点数は558点。ちなみに750点満点で600点が合格ライン)。 試験に落ちたのをきっかけにブログの更新頻度を…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

実践、ふだん使いのマインドマップ/株式会社CCCメディアハウス/矢嶋美由希<本のご紹介>

本日は1冊の本をご紹介します。 <実践!ふだん使いのマインドマップ/株式会社CCCメディアハウス/矢嶋美由希著> 1冊目の <ふだん使いのマインドマップ 描くだけで毎日がハッピーになる /株式会社CCCメディアハウス/矢嶋美由希著>(マインドマップを使ったブログの作り方でご紹介しました) がベストセラーとなり、この度2冊目が発売…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

マインドマップを使ったブログの作り方

みなさん、マインドマップって知っていますか? マインドマップとは白紙の真ん中に自分が思い描くイメージを描いて、そこから短い曲線(ブランチ)を伸ばし、ブランチの上に単語を載せる。 単語は絵やアイコンでもいい。 ブランチ(曲線)にブランチをつなげ、またブランチの上に連想する単語を載せる。 それを繰り返しながら、また真ん中のイメージに…
トラックバック:4
コメント:3

続きを読むread more

外遊びを何よりも優先させるツマはエライ!

我が家には小3の長女と小1の長男がいるんだけど、学校から帰ってきた後の時間、ツマは子どもたちの時間の使い方の1番を 外遊び にしている。 長女の同級生で我が家によくピンポン♪と誘いに来る娘がいてね、遊びの誘いがあると宿題の途中でも構わずに外へ出しているようだ。 (遊んだあとに宿題をする約束はしているみたいだけど) …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

楽しい人生を送ろう!

今日は、「日々の暮らしの棚卸」というお話しです。 ようこそ、いらっしゃいました。 新年度が始まり、 前年度の棚卸業務をしている人、 仕事の総括をしている人、 そして今年度の目標を立てている人 そんな時期ですよね。 そこで、今日は 自分の日々の暮らしを棚卸してみよう! という提案です。 初めに自分が…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

一年の計は元旦にアリ

毎年、元旦の夜はふとんの中で一日を振り返り、どんな一年になるか考えます。 今年は2日の朝に元旦の出来事をマインドマップにまとめました。 昨日は吹雪の一日で、お出かけもせず、実家でゆっくりとしていました。 外は嵐でも、家の中は平和で家族は元気。 子どもたちはいとことオセロやトランプをして遊んでいる。 ボクは…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

大晦日に今年一年を振り返る

一年前の新月の日に、今年一年の目標や夢をマインドマップで表現しました。 一年後のいま、読み返してみると、できてないこともありますが、想定以上にできたこともありました。 できたことのひとつがこのブログでした。 前にも書きましたが、ブロガーの皆様とのつながりは、ボクにとってギフトです。 訪問してくださった皆様、気持…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

モリー先生との火曜日/ミッチ・アルボム

図書館で「三週間続ければ人生が変わる/ロビン・シャーマ」を立ち読みしていたら、『「モリー先生との火曜日」だけは読んだ方がいい』と書いてあったので、ボクは素直に立ち読みしていた本を本棚に戻して、こっちを借りて帰ってきた。 モリー先生はベテランの教師。 でも難病のALSという、筋肉が萎縮してしだいに動かなくなるという、病に冒されてい…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ブログの名刺を作りたい

今度マインドマップのセミナーに参加するので、遊び心で名刺を作ってみようと思います。 「前川企画印刷」さんにお願いしてみることにしました。 追伸 リンク貼り付けがうまくいってないようですので、興味のあるかたは「前川企画印刷」にて検索しつみて下さい。 http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/f…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奇跡のリンゴ/石川拓治

この本は、無農薬・無肥料で「奇跡のリンゴ」を作った、木村秋則さんの半生を、ノンフィクションライターの石川拓治がまとめたものだ。 十分な取材を通して書かれたという、本からは木村の肉声が聞こえてきそうな気がする。 「木村が頑張ったって言ってくれる人がいるけどね、頑張ったのはリンゴの木、なんですよ。 私はね、リンゴの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

自分を信じて生きる~インディアンの方法/松本正

インディアンの長老は言う。 「矛盾はあっていいんだ。 自然は多くの恵みを与えるが、時には容赦なく人を殺す。 だいたい人間だって自然の一部じゃないか。 それに全部を白黒つけようったって、そういう訳にはいかないんだよ。 光と陰、夏と冬、男と女、両方あるから世界が成り立っている。」 長老は続ける。 「人の言葉を簡単に受け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「子どもに変化を起こす、簡単な習慣」バーバラ・コロローソ著

最近は少なくなったが、たまに「子育て」に関する本を読む。 そして、良い本はいつもそうなのだが、「子育て」以前に、自分にとってためになることがいくつも出てくる。  この本では、「言葉」の使い方に対して、次の3つが確実だと理解してから、話すようにしなさいと教えている。 1.それは「心ある言葉か」 2.「この言葉は真実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家庭で育てる国際学力

この本は、百マス計算の陰山英男先生と、リクルート社から校長先生に転進した藤原和博さんの共著である。  両著者は、現在学力世界一と言われているフィンランドの査察から、日本の基礎・基本を重視する学習指導要領の優れている点や、国際学力を高めるための学校・教師・親そして地域社会(学生ボランティア、団塊世代の協力など、親以外のナナメの関係)…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「リンゴが教えてくれたこと」/木村秋則著

前から読みたかった本が、やっと手に入った。(図書館です) 8年以上かかって、不可能とされていた無農薬、無肥料でのリンゴ栽培を成功させた著者は、何年経ってもリンゴ栽培がうまく行かず、田んぼも売り払い、いよいよ万策尽きたと、死を覚悟して、山に入る。 そこで見つけたドングリの木。著者にはリンゴの木に見えたそうな。 その木は、とても元…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「喜びの遊び」を落ち込んでいるあなたへ

「少女パレアナ」という、アメリカ童話をご存知だろうか。  1970年代頃にアメリカでブームを起こしたという彼女は、当時同じ名前の女の子が多数名付けられたことからも、そのブームが伺える。  小さいときに母親を亡くし、11歳で父を亡くしたパレアナちゃん。 生前、牧師だった父から「喜びの遊び」を教えてもらった。  とにかくどん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしさんの「案山子」

4月の初め、暖かな午後、私は仕事の移動で一人車に乗っていた。FMからさだまさしさんの「元気でいるか、街には慣れたか、友だちできたか」で始まる「案山子(かかし)」が流れてきた。 あぁ、自分も北海道から出てきて、21年目の春だなあ。我ながら頑張ってきたよなあ。などと感傷にふけっていると、 「手紙が無理なら 電話でもいい、“金頼む”の一言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more