テーマ:独り言

体験してみないとワカラナイ

先月「大事なことは条件や状況で選んではいけない」という記事を書きましたが、ではどうやって選ぶのか。  例えばパートナーを選ぶときに、見てくれや収入や学歴や世間体なんかを基準にするとろくなことにはならないのは、まあ、わかるとする。  それでは相性とか価値観とか、尊敬できるところがあるとかが大事だとしても、それらは抽象的で、目に見えるわ…
トラックバック:0
コメント:35

続きを読むread more

これを食べれば大丈夫!

 皆さんには、これを食べれば大丈夫!と思える食材はありますか?  ボクの場合、まずはキャベツ。あのキャベジンはキャベツからできているとツマに教えてもらってから、ちょっとお腹の調子が悪いときは、キャベツを食べたら良くなると信じてる。そういう時はキャベツのお味噌汁がありがたい。  もっとも本当にお腹の調子が悪いときは正露丸。ボクは出張に…
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

傷つくのか?磨かれるのか?

 ダイヤモンドって、山で取れた原石を磨くから輝くのですよね。  原石のままではそれほどの価値はないかもしれません。  一方ボクたちは、様々な場面で傷ついた体験をしますよね。  それでは傷つくのと磨かれるのと違いはなんでしょう?  良い師に出会うことができれば、厳しい教えでさえ「良い体験をさせていただいた」と思えるかもしれません。…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

急がないって、いいなあ

 日曜日なのに期末テスト勉強のために学校に行ってた長女を駅まで迎えに行くとき、電車の時間まで少し余裕があったので、ちょっとゆっくり目でアクセルを踏んでた。  すると、信号機のない横断歩道の端で待ってる自転車に乗った人を見つけたので、停止線の手前でゆっくり停止。自転車にまたがったお姉さんはちょっと驚いた顔でボクの方を向き、軽く会釈して横…
トラックバック:0
コメント:39

続きを読むread more

ふるい(篩)

 生きていると、思わぬところでふるいにかけられることがある。  その前にふるいって「篩」って書くのね。師の上に竹がある。昔、ふるいは竹で作ってたのだろうなあ。ということはふるいは師がかけるってことなのかなあ。  ふるいの網の目は思わぬところで大きくなり、自分が成長してないとふるい落とされるのかもしれない。  ただふるいで落とさ…
トラックバック:0
コメント:37

続きを読むread more

条件や状況で選んではイケナイ

 師はおっしゃる。大事なことは条件や状況で選んではいけないと。  振り返ると、例えば就職活動のとき、給料や休日日数なんかを比較して働く場所を選ぼうとしてた。もっとも結果的には自分にとってちょうどいい企業に就職できたと今は思えるけど。  ちょうどいいって言うのは、条件や状況ではなく、ちょうどいい感じで修行になる上司と出会ったり、自…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

負けず嫌いと怪我自慢

 釣り好きの人が集まって、成果の話になると、釣った魚は次第に大きくなるというよね。最初はこれくらいと肩幅サイズだったのが、ちょっとずつ手は広がり、仲間から「そんなにでかいわけないだろう!」と突っ込まれると、両手の幅はちょっと狭くなる。  そして逃した魚はもっとでかい。  誰も見てないからなんとでも言える(笑)  誰かが子ど…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

生き物?食べ物?

 今日はちょっと残酷な話しになるかも。  水族館が好きでたまに行きたくなるのだけど、例えばイワシの群の水槽なんぞ見ると、どうしてもボクには食べ物に見えてくる。  やっぱり残酷?  足を進めて海の生物を間近で見られる場所に行くと、だいたい毛ガニが目に入る。塩ゆでにしたらうまそうだ(笑)  以前、一緒に仕事をしてた後…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

ソウルメイトって?

 最初にソウルメイトという言葉を聞いたとき、何か運命的な出会いのことを言うのだろうなあと、ちょっとトキメキ系のことを想像していたのだけど、必ずしもそういうことではないらしい。  斉藤一人さんによると、ソウルメイトとは地方を回る劇団を想像するといいと言う。劇団は限られた人数で、物語に応じていろんな役回りを演じるではないですか。あると…
トラックバック:0
コメント:39

続きを読むread more

比べないということ

「全部合わせてボクなのです」という記事を書いてみて、改めて思ったことがある。それは自分と他人で何かを比べるのはとても愚かな行為だと言うこと。  例えば収入。誰しもお金はないよりはあった方がいいと思うでしょうが、働いて稼ぐのは自分の人生の一部分。それなのにボクたちは、ご近所、同世代や同期入社と収入や肩書きを比べちゃいます。ただ与えら…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

お金を回す、運を回す

 ボクたちは生きていれば必ずお金を使いますが、それだけで社会に貢献していると思うのですよ。米や野菜を買えばお店を通じてそれを運んでる人たちや農家の人たちにお金が回る。好きなラーメン屋さんでラーメンを食べてお金を払うから、ラーメン屋さんにお金が回り経営が維持できる。そうするとまたおいしいラーメンが食べられる。だから払いたいところに払えばい…
トラックバック:0
コメント:37

続きを読むread more

昼飯のモンダイ

 「今日の昼飯、何食べようかなあ?」なんてことが仕事中でも頭をよぎることがあります。あ、ウソです(笑)。平日の午前中はほとんど毎日考えてます。その度に、なんて平和な悩み事なんだろうって思ってる。  先日、午前中で終わる研修を受講するとき、通り道においしい中華料理屋さんがあるのを思い出し「よし、今日の昼はあの店でタンメンを食べよう」…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

どっちも正しい

 「好きなことを仕事にしよう」という呼びかけは、それができている人から見るとたぶん正しい。一方で「好きなことを仕事にすると楽しくなくなるから仕事にはしない」というのもたぶん正しい。  例えば落語を生業としている人もいれば、趣味で落語を楽しんでいる人もいる。それは音楽でも野球でも手品でもあるいはブログでも同じだと思う。  「仕事は…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

人生は紙一重だから

 ボクはユニセフのマンスリープログラムで毎月少額の寄付を続けたり、駅前でビックイシューを買ったりしてるのだけど、その理由の一つは、人生は紙一重だと思ってるから。  つまり他人事じゃないの。  ある時、歯車がひとつ狂っただけで、失業したり病気になったり事故に遭ったりするかもしれない。今は運良くそれなりに暮らせてるけど、全てを自…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

毎日練習、毎日本番

 毎日、あいさつをしながらあいさつの練習をしています。ボクのあいさつを受けた人が心地よくなれるように。  あいさつのついでに笑顔の練習もしています。ボクの笑顔を見た人がちょっと幸せを感じられるように。  毎日、歩きながら歩く練習をしています。背筋をしゃんと伸ばし、きれいに軽快に歩けるように。  毎日、自転車に乗りながら…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

名前が付くと・・・

まずは問題です。  これは花ですか?  どこまでが花ですか?  花の下は花ではありませんか?  (これは我が家のマーガレットコスモス)  何かに名前を付けることでボクたちは共通認識ができるようになり、会話をするのが容易になります。一方で名前を付けることにより、それが単純化してしまい、物事の本質が…
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

全部ひっくるめて人生を楽しんでます

 ボクはちょいちょい「人生は楽しい」と書いてますが、この楽しいには、遊園地で遊んで楽しいとか、おいしいものを食べてうれしいとかそういうことの他に、苦しさを楽しむことも入ってます。  マゾかって?  まぁ、そう言えなくもない(笑)  苦しいという体験自体が楽しいわけではないのだけど、陰と陽は等価交換という前提に立つと、苦…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

全部合わせてボクなのです

 ボクは会社員です。今年で31年目になります。職場では上司の立場でもあり、部下の立場でもあります。マジメに働くボクもいれば、冗談を言うこともあります。声が大きいので内緒話は苦手です(笑)  ボクにはツマがいますから、夫です。今年で20年になります。どんな夫かはご想像にお任せします。  ボクは父親です。もうすぐ17年になります…
トラックバック:1
コメント:28

続きを読むread more

ボクは定年後も働いたほうがよさそうだ

 このゴールデンウィーク10連休で、とくにこれといった予定を入れずに過ごしたのだけど、ボクの頭の中では、将来定年退職したあとに毎日家にいることになったらどうなるだろうというシミュレーションをしていました。  今回は日頃できないこと、写真の整理だったり畑を耕したり洗車したりと、やりたいことが見つかったからよかったのですが、これが36…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

言葉を入れ替えると印象が変わるなあ

 ツイッターで見かけた言葉が印象に残ってたので、メモしてみます。  女子大生がキャバクラ嬢をやってるってと聞くのと、キャバクラ嬢が大学に通ってると聞くのとでは、印象が全く違う。  みたいなツイート。  確かに女子大生がキャバ嬢をやってると聞いたら、そんな暇があったら勉強しろ。学生の本分は勉強だろ?って突っ込みたくなるけ…
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

おいしいものを食べたかったら

 たまに思うのですが、おいしいものを食べたかったら、お腹がぺこぺこになるまで我慢して食べなきゃいいのですよね。高級な食材とかいらなくなりますから。  おいしい飲み物が飲みたかったら、喉がカラカラになるまで我慢すればいいし、たくさん汗をかけばいいのですよね。そんなときは普通の水でも十分においしくなりますから。  温泉に行きたく…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

自転車のカゴを塗り直してみた

 長女の自転車のカゴの塗装が剥がれかけて、みすぼらしくなっていたので、思い切って塗り直すことにしました。 念のため、持ち主に聞いてみたら「お好きにどうぞ」ですと。物にこだわりがないのが彼女の良いところ(笑)  そのカゴはこちら  まずはヤスリとスクラッパーを使って塗料をゴリゴリガリガリ削り落とします。  塗装の下のサ…
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

10連休のゴールデンウィークを振り返ってみた

 今年のゴールデンウィークは10連休で、たぶん人生初。おまけにこれといった予定を入れなかったから、4月になると何しようかなって考えてた。  結果、それなりに充実した10日間を過ごすことができました。  まずはブログの10日間連続更新ができた。もっともこれは4月から記事を書きためてたから、初日には10日分の記事の下書きができてたけ…
トラックバック:1
コメント:24

続きを読むread more

義務教育は子どもたちの権利

 長男が中3になったので、義務教育もあと一年で終わり。  ところで義務教育っていうのは、保護者が子どもを学校に通わせる義務があるだけで、子どもが学校に行かなきゃいけないなんて義務はないとボクは思ってる。  子どもは学校に行ける権利を持っているだけ。だから、もしも我が子が学校に行きたくないと言ったら、そういう日もあるよねえって言っ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

不安だから確認するのですよ

 仕事上、報告書を書く機会が多いのだけど、こればかりは何度書いても緊張感がある。特に社内で重要な会議に提出するもの、お客様や公的機関に提出する報告書は、何度も内容はもちろん、誤字・脱字の有無をチェックしている。  自分一人では心配だから、できるだけ他の人にもチェックしてもらうし、会議の事前打ち合わせを兼ねて、報告書を実際に声に出し…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

革靴

 もうすぐ、東京で働き始めてから10年になる。前の職場のときも出張が多かったから、それなりに革靴を履く機会はあったのだけど、やっぱり毎日となると靴の傷み方も違ってくるので、今は三足をローテーションしながら履いてます。  つまり一日履いたら二日休ませてる。靴A→靴B→靴C→A→B→土・日→C→A→B・・・と言った順番で。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

神さまの試験

  これは斉藤一人さんの本から教わったことなんだけど、人はある程度成長すると、そうとは知らずに神さまからの試験が与えられるそうだ。  それは、不平不満や人の悪口を言いたくなるような体験をすること。  つまり、その体験をしたときに不平不満を言ったり人の悪口を言ったりすると不合格。はい、やり直し。  不合格なので、何度も同…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

元技術者のつぶやき

 以前「働き方改革に思うこと」という記事でも少し触れたのですが、「働きすぎ」や「労働生産性」という概念と「新しいものを生み出す」という行為は、必ずしも両立しないと思ってます。  技術者、研究開発者、クリエーターやデザイナーたちで尖ってる人たちの中には「自分のことは放っておいてくれ」と思ってる人がいる。世の中に新しいものを生み出すよ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

通勤時間は短い方がいい?

 年末に帰省して、地元の友だちと旧交を温めていたとき、話の流れから「kojiは通勤にどれくらい時間かかってんの?」と聞かれたので、1時間20分くらいかなあ、って答えたら一同は静まりかえった。  地元で暮らす友だちの通勤時間は一番近い人で徒歩5分、一番遠い人でも車で30分といったところ。1時間20分もかけたら、高速なんか乗らなくても…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

人生の幅を広げる方法

 人生の幅を広げる方法について、考えてみました。  まずは食べ物の好き嫌いをなくすこと。好き嫌いが多い人は人の好き嫌いも多い。加えて、時にはちょっと背伸びしてでも良い服を着て高級料理も食べよと師はおっしゃる。  それから通勤ルートを変えてみるというのもある。わざとちょっと遠回りしてみるとか、都会なら一駅手前で降りてみるとかすると…
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more