テーマ:学び

12月は16勝15敗 -遡上する鮭を見たよ-

こちらの記事はインフルエンザ発症前に書いたものです。 前の記事には気持ち玉やコメントをたくさんいただき、ありがとうございました。 12月は16勝15敗+スケート1回、スキー3回。 大晦日には父とkoji一家が実家の近くを1時間ばかり歩くことができ、おかげさまで勝ち越しになりました。 父と一緒に実家の裏手にある…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

休憩したおかげで

 皆様、明けましておめでとうございます。  本年も、よろしくお願いいたします。     前々回、「それは君のせいじゃないよ」という記事を書いて思い出したのですけど、 もう15年以上前の出来事になりますが、会社の先輩たちと新潟県の越後湯沢へスキーに行ったときのこと。  その日は前夜から雪が降り続き、…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

それは君のせいじゃないよ

金曜の午後、会社の小さな休憩場所にある自動販売機の前で、他部署の後輩と立ち話をしました。 ボク  「調子はどう?仕事は忙しいかい?」 後輩  「はい、なかなか終わらなくて・・・週末だから今日は早く帰りたいのですが、帰れそうもありません」 ボク  「仕事、終わらないんだ。大変だね」 後輩  「はい、まだ他部…
トラックバック:1
コメント:24

続きを読むread more

転んでるかなあ?

先日、今シーズン2回目のスケートに行きました。  場所は桐生スケートセンター。  圏央道・桐生太田ICから10分ほどのところ。  初めてのスケートリンクで子どもたちは最初、恐る恐る滑り、最初に長男が次に長女が転びました。  特に長女は左膝をしたたかに打ったようで、半べそをかいていたらしいです。  残念ながら…
トラックバック:1
コメント:22

続きを読むread more

11月は17勝13敗、品について考える

10月 16勝15敗 11月 16勝14敗 12月  9勝21敗  1月  8勝22敗  2月  0勝28敗  3月  2勝29敗  4月 23勝 7敗  5月 30勝 1敗  6月 21勝 9敗  7月 20勝11敗  8月 22勝 9敗  9月 26勝 4敗 10月 21勝10敗 そして11…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

好きにしていいよ=自由 について考える

前回、「勉強しなさい」と言わない親になりたい、では親子の「課題の分離」というお話をいたしました。 端的に言うと子どもが勉強するかしないかは子どもの課題で、親の課題ではないということ。 だから我が子が勉強するかどうかは彼らが決めればいいということ。 ただしこれは原則として10歳からの話です。 勉強という習慣を付ける、という意味…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

「勉強しなさい」と言わない親になりたい

前回まで、衣食住の「食の話」、「住の話」そして「衣の話」をいたしました。 その前提は、親子の関係を縦から横へと変えていく上で、衣食住だけはきちんと整えてあげようというボクの思いです。 では、次に何が大事かを考えてみます。 ここから先のお話は、以前にもご紹介したアドラー心理学に基づくものです。 ボクが思うに、そ…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

縦の関係から横の関係へ

長女が生まれたとき、会社で仲良くさせてもらっている先輩から、こんな言葉をいただきました。 「koji、子どもは『つ』のつくところまでだぞ。七つ、八つ、九つ、十。9歳までは力一杯かわいがってやれ。10歳になったら親から離れていく。特に女の子は早いぞ」 なるほど。 ボクはこのアドバイスを忠実に守り、九つまでは力一杯かわいがるつ…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

1000円ゲーム・5分で人生が変わる「伝説の営業法」/江上治著/経済界

ご縁がありましたので、一冊の本を紹介いたします。   千円をもらえるかどうかを競うゲームです。   2人1組で向き合い、どちらかが千円を出します。   千円を出していない一方の人は、   千円以上の「価値ある情報」を提供して、   その千円を手に入れてください。   制限時間は5分です。   ではスタートしてくださ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

完璧なんて、ないのだよなあ

 ボクの今の仕事は、ほぼ一年間のサイクルで業務が回っています。  そのため、1年前に作成した計画書や報告書のデータをパソコン上で見ながら、今年の仕事を進めていきます。  自分で言うのもなんですが、ボクはどちらかというと完璧主義で、提出した書類には自信を持っていました。  ところが1年前に自分が作った資料を読み返してみると、…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

10月は21勝10敗、そしてインナーマッスルトレーニング効果の話

10月 16勝15敗 11月 16勝14敗 12月  9勝21敗  1月  8勝22敗  2月  0勝28敗  3月  2勝29敗  4月 23勝 7敗  5月 30勝 1敗  6月 21勝 9敗  7月 20勝11敗  8月 22勝 9敗  9月 26勝 4敗 そして10月は21勝10敗 でした…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

「部下なし管理職」が生き残る51の方法/麻野進著/東洋経済新報社

 先日、勤続25周年の表彰を受けた話をしましたが、今のボクの会社での立ち位置は「部下なし管理職」というものに当たるようで、それはなんとなく寂しく響く言葉だなあと感じています。  ところで世の中にはその「部下なし管理職」という立場の方が、大手企業や老舗企業には相当数いる、と本日ご紹介する本には書いてある訳です。  こちらの本に…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

「社会人」について考えてみた

前回は「本物の大人について」、考えていましたが、それとは別に「社会人」という言葉が気になっていました。   それは、英語圏には「社会人」に該当する言葉というかそういう区分がないと教えていただいてからです。  確かに欧米では学生結婚は珍しいことではないようですし、学びながら働いている人もたくさんいますよね。  18歳を過ぎて…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

本物の大人について考えてみる

「大人と子どもの違いってわかる?」 「週刊プレイボーイ」の元編集長の島地勝彦さん(73)毎日新聞 2014年09月22日 東京夕刊より抜粋。 島地さんは記者に向かって、次のようなことを伝えます。 >「自分の好きなことに没頭して、一人でいて人生は楽しいと感じるのが大人。逆に一人がさびしいと思うのが子どもだよ」 今の…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

あなたはなぜパズドラにはまったのか? ソーシャルゲームの作り手が明かす舞台裏/鈴屋二代目著/双葉社

ボクは毎日埼玉の片田舎から東京まで電車で通勤しているのですが、毎日のように車内でスマホでゲームをしている人を数多く見かけます。 ボクはブロック崩しやインベーダーゲームが流行ったときはすでに中学生でしたが、それらのゲームにハマることはなく、その後のファミコンやパソコンゲームもほとんど手を出しませんでした。 そして携帯電話やスマホを手に…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

9月は26勝4敗、そしてインナーマッスルトレーニング開始

10月 16勝15敗 11月 16勝14敗 12月  9勝21敗  1月  8勝22敗  2月  0勝28敗  3月  2勝29敗  4月 23勝 7敗  5月 30勝 1敗  6月 21勝 9敗  7月 20勝11敗  8月 22勝 9敗  9月 26勝 4敗でした。 すごい? これには訳がありま…
トラックバック:2
コメント:20

続きを読むread more

ストレスがすぐ体に出るんだなあ

ボクは仕事が忙しすぎたり、出張が続いたり、お酒を飲み過ぎたり、寝不足が続いたりすると、すぐにお尻が痛くなります。 つまりは痔ね。 ここ何ヶ月もそんなことはなかったのに、先々週からどうにも調子が悪い。 けれど仕事は多忙というほどでもないし、出張はたまにしかないし、飲み過ぎもないし、睡眠時間は十分に確保できている。 うーむ、…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

幸せになるために捨てること、止めること その4 いらぬ不安  (心配事の9割は起こらない)

 少し古い話ですが、8月の初めに子どもたちが2泊3日のサマーキャンプに参加しました。  主催は毎週通っている体操教室の運営会社で、彼らは何度も参加していますから、親としては安心してお任せできます。  行き先は新潟は湯沢温泉にあるスキー場近くの旅館ですが、今回は初めてオプションで水上にあるラフティング(ゴムボートによる急流川下り)…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

8月は22勝 9敗~○勝○敗がいいね

10月 16勝15敗 11月 16勝14敗 12月  9勝21敗  1月  8勝22敗  2月  0勝28敗  3月  2勝29敗  4月 23勝 7敗  5月 30勝 1敗  6月 21勝 9敗  7月 20勝11敗  8月 22勝 9敗 去年の10月からウォーキングを始めたときに見つけた、この○勝○敗という…
トラックバック:3
コメント:18

続きを読むread more

運命の人はいくつになっても現れる-35歳からの理想の結婚を手に入れる/中野佐知子著/じゃこめてい出版

ご縁がありましたので、昨日に続いてこちらの本もご紹介いたします。 まずは著者の言葉をいくつかご紹介しましょう。 >ドラマセラピーとは、自分の人生を、自分が主役のドラマととらえ、そのドラマをもっと魅力的に、充実させるための演劇を使った心理療法です。 >ドラマセラピーでは、自分の中に眠っている新しい面を引き出すために、「誰…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

本当のパートナーと結婚できる上手な「恋の始め方」/澤口珠子著/廣済堂出版

ご縁がありましたので、本を1冊ご紹介させていただきます。 著者はイメージコンサルタントで女子力アップ・婚活コンサルタント。 婚約破棄の経験をきっかけにイメージコンサルティングとコーチングを学び、現在は婚活に特化したイメージコンサルタントとして、独身男女の「外見磨き」「異性心理」「コミュニケーション」をわかりやすく解説し、理想のパ…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

全部自分で選んでる

ボクは今日も自身が働く職場に行きますが、それはボク自身が決めたこと。 誰かに命令されたことはありません。 ですから明日は職場に行きたくないとしたら、ボクには行かないという選択肢があります。 なぁに、電話をすれば無断欠勤にはなりませんし、有休があるなら使えばいい。 そんなことを最初に考えたのは、友達と一緒に高校の授業を抜け出し…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

会社習慣病 いつのまにか職場をむしばむビジネスの悪習慣/上松司 著/マイナビ新書

ボクは以前、「萎縮病」にかかっていました。 職場内のある人に近づくと体がこわばり、言葉はどもってしまう。 言うべき言葉を失い、相手の機嫌を損ねないようにする。でも相手はそんなことにはまったく気づかずに、時には笑顔さえ見せてボクと接しようとします。 「萎縮病」の反対言葉は「威圧病」。 威圧的な上司や先輩と一緒に仕事をしていると、そ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

夏休み自由研究 ペットボトルで浄水器作り

父:今年の自由研究どうするぅ? 長男(小4):うーん・・・ 父:何かの実験、地理や歴史を調べること、植物とかの観察、去年やってみた身近なものの調査(幹線道路のゴミ拾い)みたいなものの内ならどれがいい? 長男:実験がいい。 父:何の実験をしてみたい。 長男:今年は浄水場の見学に行ったから、そういうのがいいかなあ。 父:じゃあ、…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

世界で2番目に大変な仕事?

少し前に、「世界で一番大変な仕事」という記事を書きました。 その仕事とは『お母さん』のこと。 では『お父さん』の仕事はどうでしょう。 ここでそもそも世の父親たちは、父親としての仕事を全うしているのだろうか? という疑問が沸きます。 では父親の仕事とはなんでしょう。 まずは家族を養うこと。これがなんだかんだ言っても一番…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

幸せになるために捨てること、止めること その3 他人の夢

自分が望んでいることは、本当に自分から進んでやりたいことだろうか? そんなことを考えたことはありませんか。 例えば旅行好きの人は、日本各地の文化や歴史あるいは風光明媚な場所を見ないのはもったいないと言います。 登山が好きな人は、日本の百名山を登らないでどうする?なんて言うかもしれません。 同じように世界を旅する人は、せっかく…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

7月は20勝11敗~歩くのは手段、では目的は?

10月から始めた早朝ウォーキング、 10月 16勝15敗 11月 16勝14敗 12月  9勝21敗   1月  8勝22敗  2月  0勝28敗  3月  2勝29敗   4月 23勝 7敗   5月 30勝 1敗   6月 21勝 9敗   7月 20勝11敗 毎日のウォーキング、我ながら続…
トラックバック:4
コメント:24

続きを読むread more

幸せになるために捨てること、止めること その2 物

 幸せになるために、物はあんまりいりませんよね。  とは言うものの、気に入ったものならブランド品や高級品を買ってもいいとボクは思います。 お気に入りは長く大切に使えばいい。 ですがお買い物そのものが目的だったり、見栄を張りたいだけなら、必要ありませんよねえ。  そうそう、見栄もいらない。 やせ我慢はときに必要かもしれません…
トラックバック:1
コメント:26

続きを読むread more

思いを言葉に

ある日、味噌ラーメンが食べたくなったとしましょう。 ボクはそれを強く念じながら、ラーメン屋さんに入りました。 ふと、メニューを眺めると【店長のオススメ】が目に留まり、言った一言は、 「しょうゆラーメンください!」 これではいくら念じても、味噌ラーメンは出てきません。 もし味噌ラーメンが出てきたら、それはオカルトの世界か店側のミ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

世界で一番大変な仕事

1年365日休みなし。給料ゼロ円。 それでもたくさんの人が続けている仕事があります。 それは何でしょう? みなさんは、もうおわかりですよね。 それは企業の面接官が学生に問いかける映像で、ネットで流れ話題になっていたそうです。 答えは「お母さん」 今年の母の日キャンペーンで流された映像みたい。 世界で一番…
トラックバック:2
コメント:16

続きを読むread more