しばらくお休みします

 みなさま、こんにちは。  突然ですが、しばらくブログをお休みすることとします。  いままで、幾度も訪問してくださった皆様、本当にありがとうございました。  コメントや気持ち玉をくださった皆様、本当にありがとうございました。  また、お会いできます日を楽しみにしています。  と、言いながら舌の根も乾かぬ…

続きを読むread more

煎り落花生の作り方

①まずは落花生を作ります(笑) ②落花生を1、2週間天日干ししてから収穫します ③よく水洗いしてからまた2、3週間天日干しします。 乾いた豆を振るとカラカラと音がします ④殻を割り、豆を出します。 ⑤中華鍋を熱してから弱火にして、むいた落花生を煎ります ⑥10分炒めて10分放置…

続きを読むread more

コンビニがライバル

娘「お父さん、和菓子屋さんのライバルってどこか知ってる?」 父「え?どこ?」 娘「コンビニなんだって」  高2の長女は授業の一環で同級生たちと一緒に地元の和菓子屋に通い、新商品開発のお手伝いをさせてもらってるらしい。その和菓子屋は生クリーム大福シリーズやかりんとまんじゅうが評判の老舗。そんな最中の親娘の会話。 父「コンビ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

ハヤシライスの作り方

 今日はカレーにしようか?とボクが言ったら、長女が久しぶりにハヤシライスが食べたいというので、勢い余って、じゃあ、両方作っちゃおう!となった(笑)  ということで、今日はハヤシライスの作り方。 〈材料〉4人前くらい  豚肉小間切れ 300g  牛豚合挽き肉 300g  ニンニク 1片  にんじん 大半分  玉ねぎ …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

自分の強味の見つけ方

前回、「天才を殺す凡人」という本をご紹介したときに、誰の中にも天才性があるということを書きました。天才性というのが大げさなら自身の強みと読み替えた方が、すーっと入ってくるかもしれません。  では強みとは何か?  これはボクが敬愛するコーチから教わったのですが、自分の強みとは自分では簡単にできてしまうこと。あまりにも簡単にでき…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

夫のトリセツ

 先週に続き、本日ご紹介する本は「夫のトリセツ/黒川伊保子著/講談社+α新書」である。  これは「妻のトリセツ」の姉妹本。言うなれば夫を理解できない妻のために書かれた本と言うことになる。  それでは何故、ボクが読んでるのかって?  一つには夫という自分自身のことをよりよく知ること。もう一つは、ボクが思うに、男性の中にも女性…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

天才を殺す凡人

今日も本のご紹介。それは「天才を殺す凡人/日本経済新聞社/北野唯我著」この本に挟まっていたしおりに、簡単なYES・NOチャートが入っていて、それに答えていくと自分が天才か秀才か凡人かがわかるという。ボクはもちろん?凡人だった(笑)  おそらく、多くの人は凡人になると思う。  世の中で大成功した起業家や大金持ちを除いて、実際に…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

妻のトリセツ

こちらのブログを読んでくださっている皆さまからすると、koji家にはこのような本は必要ないんじゃない?と思うかもしれませんが、そこはやっぱり男と女の違いはあるわけです。  例えば中学生になったら放任主義で、できるだけ自分で考えて自分で決めさせるようにする。口も手もできるだけ出さずにただ見守っている。そんな考えから「もう小学生じゃな…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

体で感じられてから脳が動く

 脳科学が好きでそれに関係がある本をちょいちょい読むのですが、脳は体がないと何も感じられないし、何もはじまらないそうなのです。  そこで今回は脳の構造を元に作ったコンピュータと比較するところから始めたいと思います。  コンピュータを動かすには、コンピュータにある命令を入力するとその命令を処理して答えを出します。  つまり【入力】→…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

暮らしやすい街(妄想)

 9月に「地方と東京の違い」という記事を書いたけど、暮らし易さで考えると、ボクは地方都市がいいのではないかって思う。  例えば、札幌市。そこはコンパクトな都市で、東京にあるものはだいたい揃ってるし、地下鉄が張り巡らされているから交通の便もいい。少し足を伸ばせば、温泉地も観光地もあちこちにあるし、今は高速道路も整備されて、人口が少な…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more