なぜ必敗の戦争を始めたのか

 本日ご紹介する一冊は「なぜ必敗の戦争を始めたのか/半藤一利編・解説/文芸春秋」です。  この本は昭和52年から53年にかけて行われた、陸軍エリート将校による座談会を記録したもの。  ボクが特に印象深かったのは、昭和16年1月に井上成美中将(当時)が提唱した「新軍備計画論」です。井上氏は論理的に「対米戦争に勝つことは絶対に不可能…
コメント:6

続きを読むread more

キリン解剖記

 本日ご紹介するのは「キリン解剖記/郡司芽久著/なつめ社」です。  この本は、幼少期からキリン好きだった少女が東京大学に入学し、何頭ものキリンの解剖を通して、8番目の首の骨を発見したお話。  そもそも哺乳類は人もキリンも頸椎は7つでその数は変わらないのだというから、これだけでも驚きだよね。  日本ではキリンのご遺体は動物園…
コメント:2

続きを読むread more

バッタを倒しにアフリカへ

 前記事では、たくさんの気持ち玉やコメントをいただき、ありがとうございました!!  本日ご紹介する本は「バッタを倒しにアフリカへ/前野ウルド浩太郎著/光文社親書」です。裏表紙には「ホントは、バッタに喰われにアフリカへ」とある。著者は小さい頃、ファーブル昆虫記を読んでファーブルに憧れ、アフリカで緑色の服…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

才能の見つけ方

 これは、昔からお世話になっているプロのコーチから教わったことなのだけど、誰かを見ていてイラッとすることは、自身に才能があることだという。  それは、例えば我が子や相方や部下を見ていて、あるいは何かの仕事を頼んだときに「なんで○○をするのにそんなに時間かかってるんだ?」という感情が沸いたとき、それが簡単にできてしまう自分自身には○…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ジツはちょっと苦手なこと (^^;

 前記事では、たくさんの気持ち玉やコメントをいただき、ありがとうございました!!  程度の差こそあれ、誰にでも苦手なものはあると思う。  これを書くとちょっとわがままとか自分勝手とか思われるかもしれないけど、書いてみることにした。 1.スープやお弁当の匂い  それを自分が食べようと思…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

健やかに暮らすための、5つのこと

 毎日新聞2020年5月31日の記事より。  ウイルスに負けず健やかに暮らす、その羅針盤となる5つのこと。 1.体力・免疫力を保とう Stay Healthy  おいしいものを適度に食べて、ほどよく運動して、よく笑い、清潔にし、体温を下げないようにして、よく眠るってことかなあ。 2.ポジティブな気分でいよう Stay P…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自粛警察に思うこと

 前記事では、たくさんの気持ち玉やコメントをいただき、ありがとうございました!!  誰が名付けたのかわからないけど、SNSや街中で自粛警察なるものが蔓延しているようね。  これを聞いてボクは思った、まるで戦時中の隣組の密告のようだと。  この時代に告げ口をすると特高(特別高等警察)が現れて、思…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日本史でたどるニッポン

本日ご紹介するのは「日本史でたどるニッポン/本郷和人著/ちくまフリマー新書」  この本は、日本が今の日本になるまでを知ることができるわかりやすい一冊。  まず、日本の始まりは西国型国家で大和朝廷のころ、西は宮崎あたり、東は大和(今の奈良県)までがほぼ国の境で、いまの鹿児島には隼人と呼ばれる人たちが住んでいたという。大陸との玄関口…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本史 自由自在

前記事では、気持ち玉やコメントをいただき、ありがとうございました!! 本日ご紹介するのは「日本史 自由自在/本郷和人著/河出新書」 帯には「たった漢字ひと文字のお題から日本史の深き森に分け入るー東京大学史科編纂所教授のフリースタイル白熱抗議!」とある。  例えば、「編」の項では日本には国史と呼…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1945年5月25日 山の手大空襲

 1945年5月25日は、山の手大空襲があった日だそうだ。 (2020年5月25日 毎日新聞より)  1945年3月10日の東京大空襲では、300機以上のB29が飛来し、数えきれない数の焼夷弾を落として行った。結果、100万人が被災し10万人が亡くなったという。  そして5月25日 今度は500機近くのB29が飛来して、同…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more