環境問題を考える

 東日本大震災の後、電力不足で計画停電が始まった。夜の街は薄暗くなり、その年の夏はエアコンの設定温度も高めにして、扇風機や団扇も使った。冬を彩るイルミネーションも自粛して、夜は夜らしくなった。  去年の春、新型コロナウィルス感染症が広がり、緊急事態宣言が発出された。人々は家にこもり、空は澄みわたった。  原発が全て止まっても…
コメント:2

続きを読むread more

価値は自分で決める

 先日、ツマが運転する車の事故に遭った。幸い怪我はなく、車も自力で帰宅できる程度で済んだ。場所は見通しの悪いカーブで、対向車がセンターラインをはみ出し、ツマが運転する車の右後ろのフェンダー付近に接触した。スピードはあまり出ておらず、あと一秒遅かったら当たらずに済んだし、あと一秒早かったら運転席に直撃してたかもしれない。  事故の直…
コメント:5

続きを読むread more

生も二人称

 前記事からつながるのだけど、死が二人称なら生も二人称だよね。つまり命は「私のもの」ではないかもしれない。我が子が生まれたとき、とても嬉しかったのを覚えてる。それは18年過ぎたいまも同じ想い。もちろん、彼女の人生は彼女が自由に選択していい。彼女が幸せに暮らすことが親の唯一の願いだから、彼女の笑顔がボクたちに幸せを届けてくれる。  いろ…
コメント:3

続きを読むread more

死は二人称

 新年度早々に適した記事ではないかもしれないけど、最近、死について考えることが多くなった。そんなとき、とても合点が行く記事に巡り会えた。  それは3月26日の毎日新聞、養老孟司さんへのインタビュー。  自身の病気や死ぬことは、自分という一人称ではなく、「二人称」の問題なのだという。 「死ぬのもそう。自分が死んでも本人は…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more