線一本満足に書けないの・・・

 前回、般若心経の写経の練習を始めたことを書きました。今年の4月から通信教育で筆ペンの練習を始め、8月から写経の練習。
ほぼ毎朝、お手本を見ながら筆ペンで字を書く練習を続けているのですが、未だに線の一本も満足に書けない状態が続いています。
 やっとちょっとはマシな一画が書けたかと思っても、一文字を全体で見てみると、線の向きがバラバラだったり、線の間隔がバラバラだったりで、まったくなってない・・・
ましてや一行に書いた文字全体を見てみると、大きさはバラバラ、中心もバラバラでチグハグな文字の列・・・

 どうしたもんじゃろの~ 

 これが万年筆だとちょっとはごまかせる。ボールペンならもう少しごまかせる。けれども筆になるとちょっとの気持ちの変化が筆先に伝わり、「一」が「~」になったり、払いも「~」になったりする。
心技一体とは言い得て妙で、ボクは心技バラバラ~。

 書道家とか書道の先生ってすごい!

 子どもの頃、字なんかどうでもいいから、とにかく早く答案用紙を埋めようとか、答えが合ってりゃそれでいいじゃんくらいに考えていて、読む方の都合なんてぜんぜん考えてなかった。

 大人になって就職したとき、運良く?ワープロが登場したので、仕事では手書きの文字を人様に見せなくて済んだ。

 つまりこれまで歩んできた手抜きの結果が今に現れているボク。

 これは誰のせいでもなく、自分のせい。
ましてや遺伝でもない。だって父はきれいな字を書く人だから。

 気持ちが筆に伝わるから、ボクの場合写経は朝がいいみたい。起きたばかりのときはそれほど頭が働いていないから、その分邪念も少ないし、家族がまだ眠ってる時間なら、気分的にはひとりになれるので集中もしやすい。

 朝、顔を洗い般若心経を唱えて、コーヒーメーカーをセットしてから、筆を持つ。

 やっぱり線一本満足に書けやしないけど、なかなか良い時間だなあと思う最近の朝の始まり。

 ・・・それなのに毎日ボールペンで書いている手帳を見ると、まったく字は上達してないようで、ましてやちょっと気を抜くと昔ながらのミミズが這ったような字を書いてしまうボク。 
・・・道のりは長く険しそう・・・





<今日の一言>
 お手本のような文字を書けるようになりたいナア。


写真は、天ぷらとお刺身。
天ぷらは遊びに来てくれたツマの友だちが揚げてくれましたぁ。

画像




こっちは、別の日の夕食。
塩焼きそば(写真下)と、塩ホルモンもやし炒め(写真上)。
どちらもボクが作りました。

画像



美味しいものを家族や友だちと一緒にいただけるって、幸せ。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 90

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

yasuhikoさんへ koji
2016年10月22日 06:29
yasuhikoさん、おはようございます。

>私も子供の頃、読めさえすりゃいいんだから、
>字なんかどうでもいいと思ってました。
>丁寧に一字一字書くなんて、まどろっこしくて…。

あらら、ボクと一緒ですね(^^;
子どもの頃からの手抜きを取り戻すのは、相当の時間が必要なようです。
がんばります!
コメント、ありがとうございます。
2016年10月21日 13:36
私も子供の頃、読めさえすりゃいいんだから、
字なんかどうでもいいと思ってました。
丁寧に一字一字書くなんて、まどろっこしくて…。
でも、今は後悔する事しきり。
子供の頃から意識して字を書いていれば、
少しは違ったはずなのにと思う今日この頃です。
あっこちゃんへ koji
2016年10月18日 07:28
あっこちゃん、おはようございます。

本当に、素敵な文字を書く方を尊敬します。

知覧などで特攻隊員が残した遺書を見ても、若者なのに綺麗な文字を書いている方がたくさんいらっしゃいました。

50歳も過ぎたオッサンの書いている文字が恥ずかしいと思うようになったこの頃です。

コメントありがとうございます。
2016年10月17日 20:54
小筆でさらっと書かれた美しい文字を拝見すると
その方の美しい立ち姿を想像してしまいます。
毛筆にしても万年筆でもボールペンでも
素敵な文字を書く方を尊敬いたします。
大河ドラマなどで・・・文のやり取りしている場面がありますが
その時代に生きた武士たちは達筆者たちが多かったのですね。
こうせいにのこるじが書いてみたいですね。
wingaさんへ koji
2016年10月17日 20:38
ねえさん、こんばんは。

はい、ゆっくりゆっくりガンバリマス。

継続は力なり、で(^o^)
2016年10月17日 08:29
おはようございます(^-^)
歳と共に下手になっていく今日この頃。
昔はもっと丁寧だったのに。
PC だのスマホだの使うから。
般若心経の御手本、キレイだし。
父ちゃんゆっくりね、書いてね、
ヒトノコトイエナイ( ̄- ̄;)
お食事、とっても楽しそう!
羅輝さんへ koji
2016年10月15日 22:04
羅輝さん、こんばんは。

そうですか。
羅輝さんは5年かかりましたか。
それならボクは10年かかるかもしれませんね。
諦めずにガンバリマス。

コメントありがとうございます!
2016年10月15日 19:02
頑張りますね。

羅輝も一時期ペン字をやりました。ノルマは毎日20分、、3年続けると、自分でも少し良くなったと感じ、5年経ったら周りの人から字が変わったね、、と言われるようになりました。
にゃーちゃんへ koji
2016年10月15日 19:01
にゃーちゃん、こんばんは。

>大人になると「やってみよう」という気持ちがだんだんなくなり このままでもいいや という事が多くなる中

確かに・・・ボクは精神的にはあまり変わってないのかもしれません。
このままがイヤなんですよね。
できないままなのがイヤなんです。

せめて、人に見せられるくらいにはなりたいと・・・書道家になる訳ではないで・・・
がんばります!

コメントありがとうございます!

塩焼きそば、おいしくできましたよ。
テンプルさんへ koji
2016年10月15日 18:55
テンプルさん、こんばんは。

我が家ものし袋などはすべて父が書いていました。

学校に持って行く持ち物の名前は母に書いてもらっていました。

だからダメなんですよね・・・
子どもの頃からに手を抜いていたこと。これからやり直しです。
子どもの頃からちゃんとやってる方がずっとエラいでしょう。

今さらながら、ガンバリマス。

コメントありがとうございます。
ekoさんへ koji
2016年10月15日 18:52
ekoさん、こんばんは。

子どもの頃、習字も書き初めも本当に苦痛でした。

できるだけ逃げ回っていたので、いまそのツケを払い始めています。
ツケの大きさに今圧倒されているところ・・・ガンバリマス。

コメントありがとうございます!
HTさんへ koji
2016年10月15日 18:50
HTさん、こんばんは。

コツですか。
気持ちを集中して、一画ずつしっかり書くとそこそこ書けるようになってきましたが、これが長続きしなくて・・・油断するとすぐ元に戻ってしまいます。
字がうまい人になれるよう、ガンバリマス!

コメントありがとうございます!
ballomamさんへ koji
2016年10月15日 18:47
ballomamさん、こんばんは。

>私は字が下手だったので、中学の時に時の綺麗な子の真似をして書くようにしました。
それは良いですね。
ボクはその時代にちゃんと努力することを怠ったので、今そのツケを払っているところです。利子がかなり膨らんでいるようで、返済に時間がかかりそうで~す。

コメントありがとうございます!
トトパパさんへ koji
2016年10月15日 18:44
トトパパさん、こんばんは。

>鉛筆なんて最近つかったないですが。。。もっと難しいですか。
はい、筆は難しいですねぇ。
万年筆は去年から練習を始めて、やっと慣れてきました。

>人に見せる時、恥ずかしいですもんね。
そうなんです。だからずっと見せないようにしてきましたけど、これからは見せられるようにガンバリマス!

コメントありがとうございます!
2016年10月15日 17:46
こんにちは。
大人になると「やってみよう」という気持ちがだんだんなくなり このままでもいいや という事が多くなる中 kojiさんは常に何かにチャレンジしてるのには
本当に素敵だな~と思います。
「やる」か「やらないか」で大きく違います。
自分からやった事は 何かしら必ず実になると思います。
頑張って下さいね~
塩焼きそば 今 食べたくなりました~
2016年10月15日 14:11
こんにちは。
父は達筆でしたが母は・・・
なので、よそ様への冠婚葬祭の熨斗袋は、いつも父が書いていたのを子供の頃、よく目にしていました。
だから私は、御祝儀袋などは男性が書かなければいけないものだと思っていました。
母が、字が下手だったからだと知ったのは大人になってからでした。
そして、自分は母の遺伝子を受け継いだのだと思い知らされました(汗)
kojiさんの姿勢を見習わねば!!
2016年10月15日 11:30
こんにちは!
習字は鉛筆などと違い一番難しいと思います。この頃は筆を持つことがなくなりました。
子供の頃は毎年書き初めに連れていかれ、その前日まで練習させられました。私が望んでいたわけでもないので、子供心に苦痛でしかなかったですが、賞をもらうと嬉しかったことを覚えています。
その成果が多少は出ているかなと思いますが…(苦笑)
練習のみですね。頑張ってください。
HT
2016年10月15日 11:22
こんにちは。
習字頑張っていますねぇ。私も殆ど筆は持てないので色々言えることは出来ませんが、コツを掴めれたらあとはバランスだけだと思うのです。早く、筆を使うコツがつかめるといいですよね。それにしても字の上手い人って良いですよね。
2016年10月15日 11:15
私は字が下手だったので、中学の時に時の綺麗な子の真似をして書くようにしました。。今は・・少しマシかな??です。。
2016年10月15日 09:30
こんにちは。

字を書くのって難しいですね。
鉛筆なんて最近つかったないですが。。。もっと難しいですか。
でも字は綺麗に書く方が良いですよね。
私は字が下手なので、習おうかなって本気で考えてました。
人に見せる時、恥ずかしいですもんね。
ヤスさんへ koji
2016年10月15日 08:52
ヤスさん、おはようございます。

ヤスさんのご両親も字がお上手だったのですねぇ。

我々に限っては、字の下手さと遺伝は関係ないようで・・・

ガンバリマス!
2016年10月15日 08:25
私のところも、父は明治生まれで毛筆は当たり前、母は習字を教えていましたが、私ときたら・・・。
両親に字の上手さを全部持って行かれたみたいです。
kojiさんのチャレンジに頭が下がります。

この記事へのトラックバック

  • 練習量が足りなかっただけの話

    Excerpt: 以前にも書きましたが、ボクは字が下手でコンプレックスを持ってました。    これまで何度も挫折してきたのですが、今度こそと思い2年前にペン字の通信教育を受講し、去年は筆の通信教育を受講。  去年.. Weblog: ちょっとホッとするコラム(略してホッコラ) racked: 2017-08-25 20:03