夏休みの自由研究 幹線道路のゴミ調べ

子どもたちが通う小学校では3年生になると自由研究が夏休みの宿題になる。

我が家には5年生の長女と3年生の長男がいるから、今年から自由研究は2つテーマが必要。

こりゃあ、困った。

ボクたちが暮らす地域では、年に2回、ゴミ拾いの日がある。

ボクの家の近くには片側2車線の幹線道路があって、交通量も多くゴミも多い。

ゴミ拾いの日、家の近くや川沿いはすでに早起きの人たちがゴミを拾い尽くしているから、ボクと子どもたちはいつも真っ直ぐに幹線道路へ向かう。

ゴミ拾いは宝探しゲームのようで、ちょっと楽しい。

宝探しだから、お宝がないとツマラナイ。

そして幹線道路を歩くといつもたくさんのゴミに出会う。


 そうだ!これを夏休みの自由研究にしよう。


幹線道路の下り車線、1ブロック、約100メートルの歩道のゴミを毎朝拾い、曜日と天気との関係を調べることにしよう。

そうすれば自由研究もできて、自分たちが住む町もきれいになる。


1日目 7月20日、土曜日

初日はボクと長女と長男の3人でゴミ拾い。

幹線道路沿いの歩道を歩くと、ペットボトルがごろりと落ちている。

画像



植え込みにはコンビニで売っているおにぎりの包み紙が絡まっている。

画像



たったの100メートルでこんなに取れた。

画像


拾ったゴミを種類別に分ける。

プラスチック類、ペットボトル、空き缶、たばこの空き箱。

おにぎりの包み紙が多いなあ。

画像


やっぱりたばこが多い。

100本以上ありました。

画像



7月21日、日曜日

この日は長女と長男の二人でゴミ拾い。

一日で捨てられたゴミはこれ。

画像


家に帰るなり、開口一番子どもたちが叫ぶ。

「たばこが臭いんだよ!」

画像


そうか!
捨てたて?なんだね。
昨日きれいにしたから、今日のゴミは全て昨日の朝から今日の朝までに捨てられたものばかり。
まあ、一部は他の場所から風で飛んできたものもあるだろうけれど、たばこのほとんどは車からのポイ捨てなんだろうなあ。
そこの歩道を歩いている人を見かけることは少ないから。


7月22日、月曜日。

この日も長女と長男でゴミ拾い。

相変わらず、たばこが多いねえ。

画像


一日のゴミはこんな感じ。

画像


画像



7月23日、火曜日。

この日はツマと長男でゴミ拾い。
長女は今日から2泊3日の林間学校。


毎日拾ってもゴミはなくならないのね。

画像


たばこも。

画像



こんな調子で7月28日、日曜日まで1週間、長男のゴミ調査は続いた。

ボクは子どもたちにたばこをポイ捨てする人、おにぎりの包みをポイ捨てする人が少なからずいることを教え、残念ながら残念な大人がいることも教えました。



そして子どもたちがゴミ拾いをしている姿を多くのドライバーが目撃しているはず。


子どもたちの模範になれる大人が増えることを、ボクは心から望んでいる。


模範って言ってもさ、ただゴミを捨てないだけだよ。

なにも聖人君子になってって、言ってる訳じゃない。

ゴミのポイ捨てをしているのはほんの一握りの人たちなんだろうけど、自分たちが住む土地だもの。

そこんとこ、ヨロシク。





これが小学3年生の自由研究。


ちなみに5年生はこっち。

夏休みの自由研究 根っこの観察



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

石五郎さんへ koji
2013年09月05日 07:19
ボクが20代の頃もタバコのポイ捨ては、多くの人がやっていたと記憶しています。
スキー場のゴンドラからもポイポイ捨ててましたよ。
今は携帯灰皿を持つ人が増えましたね。
タバコのポイ捨て、なくなるといいですね。

コメント、ありがとうございました。
2013年09月04日 23:34
懺悔します。
若い頃タバコのポイ捨てしてました。
捨てた吸殻がその後どうなるか
タバコをやめるまで考えたコトもありませんでした。

今じゃポイ捨てを目撃すると腹が立つという
これを慚愧に堪えないと言うのでしょうか…
懺悔の値打ちもないお話ですね。
gororikuさんへ koji
2013年08月29日 18:32
> 皆、自分の家に捨てられたら・・・と考えナインでしょうか?い つも思います。
本当にそう思います。

>わが畑敷内、いろんなものを捨てられます
それは腹が立つし、悲しいですね。
子どもたちには残念な大人がいることを教えました。

コメント、ありがとうございました。
2013年08月28日 21:38
今のこうした現状がわかった、研究ですね・・・
悲しいかな、ごみを捨てる人は年齢に関係なくいるんです
皆、自分の家に捨てられたら・・・と考えナインでしょうか?いつも思います。
わが畑敷内、いろんなものを捨てられます
信号前のわが家、、信号待ちでしっかとたばこの灰を目の前ですてて行く
車を見ました、悲しいですね
いい勉強ができましたね!エライ!!
羅輝さんへ koji
2013年08月14日 12:26
羅輝さん
心無い人はほんの一握りなんでしょうけどね。

子どもたちには残念な大人がいることも、人をだますような悪い大人がいることもちゃんと教えるようにしています。
こればかりは生き抜くために必要な現実を教えなきゃいけないので、きれいごとだけでは済まないですよね。
コメント、ありがとうございました。
2013年08月14日 09:35
着眼点が面白いですね。
感心しながら読ませて頂きました。
喫煙者が減ったとは言え多いんですね。

大人が子どもの模範にならなければならないのに恥ずかしい限りです。
藍上雄さんへ koji
2013年08月14日 09:02
藍さん
ゴミ拾いも子どもたちと一緒なら、宝探しゲームみたいでちょっと楽しいです。

残念ながらお宝もお金も落ちてはいませんが。

信号待ちをしているときに車のドアを開けて、灰皿をひっくり返し吸殻を全て道路にまき散らしている人を見かけると怒りと残念な気持ちを感じます。

コメント、ありがとうございました。
2013年08月13日 23:44
 ゴミ拾いをしていると、つい、お金が落ちていないか探してしまいます。(笑)
 ゴミは宝成りと言っても、煙草の吸い殻や菓子類の包み袋では、お宝では有りませんね。東京では、タバコのポイ捨て条例で禁止されているようですが、条例などで、ポイ捨てした車両などに、罰金等課せられ無い物でしょうかね…?
 面白い自由研究なされていますね。
koji
2013年08月13日 07:24
> 自動車からポイ捨ては、大人の社会問題の課題です 。
ホント、おっしゃるとおりですね。
幹線道路はゴミの量が圧倒的に多いですから。
コメント、ありがとうございました。
ヤスさんへ koji
2013年08月13日 07:19
昔、刑事ドラマでは犯人を見張る刑事が吸いかけのタバコを踏み潰して、犯人の尾行を続けるなんてシーンが当たり前のようにあったのを思い出します。

最後のゴミ拾いの日から2週間が過ぎたので、あれから歩道はどうなったか、もう一度調べに行こうかな、なんて考えています。
コメントありがとうございました。
koji さんへ
2013年08月12日 20:05
そうだ!これを夏休み自由研究にしょうと、発想!kojiさんらしい。
ナイスです。自動車からポイ捨ては、大人の社会問題の課題です。
この自由研究は、無駄に成らない。ホットした親子の体験になるで
しょう。
2013年08月12日 09:50
素晴らしい研究ですね。
恥ずかしい話ですが、以前は私も吸殻を捨てていました。
駄目な大人の典型です。
仕事場の周辺の道路を清掃するようになってから、何てことをしていたんだろうと、今更ながらに赤面の至りです。

この記事へのトラックバック

  • 夏休み自由研究 ペットボトルで浄水器作り

    Excerpt: 父:今年の自由研究どうするぅ? 長男(小4):うーん・・・ 父:何かの実験、地理や歴史を調べること、植物とかの観察、去年やってみた身近なものの調査(幹線道路のゴミ拾い)みたいなものの内ならどれがい.. Weblog: 読むとちょっとホッとするコラム racked: 2014-08-20 05:54