幸せな結婚生活を続ける方法 その2 結婚を決断する方法

前回はこちら↓

幸せな結婚生活を続ける方法 その1 パートナー探し

さて、無事にお付き合いを始めた二人はいつしか結婚を意識する。
意識しない場合は、対象外ね。

では結婚を決断する決め手は何か?

勢い?
勘違い?
思い込み?
それともできちゃったから?

うーん、どれも間違いではないなあ。

何事も勢いが大事。

でもそれだけでは危なっかしい。

若気の至りなら、それもありかな。

せっかくなら、周りに祝福される結婚がいいよね。

まあ駆け落ちもあり、だけどさ。

結婚の決断ができないお二人に、ボクは2泊3日以上の旅行をオススメする。

男女のデートは基本的に非日常的な時間を共有している。だから着る物も気持ちも着飾っている。
誰だって、いいところを見せたい。
デートはいつもヤキトリ・ラーメン屋か定食屋だからオレは着飾ってないもんね。と言う二人はある程度本音で付き合っているかもしれないけれど、それでも意識するところはある。
無意識でも見栄は張っているもの。

でも3日も二人きりでいると、疲れも出るし我も出る。

いつの間にか、非日常から日常に意識が変わってくる。
かっこつけてばかりもいられないし、気を使ってばかりもいられない。

そして長い時間を一緒に過ごすと小さなことが気になり出す。

例えば食事の仕方。
クチャクチャ音を立てて食べるとか、好き嫌いが多いとか、箸のマナーが悪いとか、従業員の方に対する態度が横柄とか。

宿泊先でも従業員への態度や部屋を出るときに使ったタオルやベッドをどこまで整理していくかとか、ゴミのまとめ方とかね。
生活というのは小さなことの積み重ね。
小さなことが気に障ると、イライラが募る。
そういう人とは長く一緒に暮らすのは苦痛だとボクは思う。

それから、夜のベッドの中。
肌の感覚、匂い、吐息あるいはいびき(笑)。
二人の夜はよく眠れる?

会話のない時間が苦痛に感じることはないかい?

結局、問題は相手にあるんじゃない。

自分がどう思うか、何を感じるか、何が大切か、この人と長く一緒に暮らせるか。

自分の心を再確認することが大事。

相手のことを知ることも大事だけど、自分自身に気づくことが大切。

自分のわがまま、自分の都合、自分の気分。

苦痛や悩みは自分の都合から始まるから。

それを無自覚なままにしておきながら、相手に多くを求めるのは身勝手。

我を知る

それが大事。

それでもやってみなくちゃわからないことはたくさんあるけどね。

え?
旅行に行かなきゃワカラナイのかって?

これは一つの例。

結婚の決断については、さらに掘り下げながら一緒に考えましょう。

<続く>




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック