我を知る

自分はいったい何者か。
人間とはどういう生き物か。
20代前半の頃、そんなことをよく考えた時期があって、栗本慎一郎氏の「パンツをはいたサル」を始め、人類学や動物学に関する本をよく読んだ。

それは今思うと、自分の内面を見つめ、自身と対話していたのかもしれない。
大人になるための大事なステップだったのかも。

それは「自分探し」とはちょっと違う。

人は昔から自分自身のことを知りたがっていたのではないだろうか。
十干十二支、12星座、陰陽五行説。

ボクは「誕生日占い」という本も持っている。
366日分のそれぞれの個性が載っているこの本は、なかなか面白い。


現代では自己分析手法がいくつも確立されている。
例えばストリングスファインダー手法では、自分の5つの強みを知り活用できる。
ボクの場合は、
・達成感
・最上思考
・ポジティブ
・共感性
・学習欲
だった。


他にはエゴグラム(交流分析)という分析手法で性格を5つに分類し、傾向を見るというものがある。
5つというのは、父親的、母親的、子どもの心などに分けている。
・CP=critical parent(批判的な親の心)・・・家父長的
・NP=nurturl parent(養育的な親の心)・・・母親的
・A=adult(大人の心)
・FC=free child(自由な子供の心)
・AC=adapted child(順応した子供の心)
の5つに分類されて、ボクはAとFCが高い傾向にあった。


最近読んだ本では8つの性格に分類するウェルスダイナミクスという考えも興味深い。
ちなみにボクは簡単な分析結果では8つの性格のうち、
・スター
・サポーター
・クリエーター
が該当した。
この本によると、人の特性は変わらないという。
自分の性格を理解して、自分が持っていない他の人に補ってもらうような(ビジネス)パートナーを探さないと、社会的な成功は難しいということだ。


そして来夢さんと神田昌典氏が提唱する人生は12年サイクルで一巡りする、「春夏秋冬」という考え方もボクは活用している。


人には持って生まれた個性というのがある。
長女が生まれたとき、ボクはDNA以外の何かがあることを彼女を見て直感した。
彼女は最初からマイペースな赤ん坊で、もうじき10才になる今も変わらない。

我を知る。

その共通点は自分の強みや性格を知るということ。

どんな自分になりたいのか、イメージをできるだけ具体的に持つ。

そして自身の言葉にする。
自分の思いを。
自分がやりたいことを。

口が悪ければ、自分の言動に気をつける。
根暗な自分がイヤなら、大きな声であいさつをしてみる。
内気な自分がイヤなら、勇気を持って外に出てみる。
自分のおしゃべりにイヤけがさしていたら、人の話に耳を傾けるよう心がける。

それが行動するということ。

だから自分を探している場合じゃない。

毎日ちょっとずつ成長しながら、今いる場所で一生懸命に生きる。

「おかれた場所で咲きなさい」
だ。

少なくともボクはそのようにしてきて、40歳を過ぎてから少しずつまともな人間になってきたような気がするよ。

だから20代や30代のときに、皆さんとお会いしてなくて、よかったカモ(^^;







さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
日本経済新聞出版社
マーカス バッキンガム

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






誕生日大事典 (王様文庫)
三笠書房
松村 潔

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 誕生日大事典 (王様文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



人生を成功に導く星の教え
実業之日本社
來 夢

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人生を成功に導く星の教え の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

紫陽花さんへ koji
2012年09月02日 06:52
ボクもね、若い頃を思い出すと、恥ずかしいことがたくさんありますよ。

イヤイヤ、最近の出来事でも
「大人げないなあ」
とか
「言い過ぎちゃったなあ」
とか
「心が狭いなあ」
なんて、反省することしょっちゅうです。

だからホントに昨日よりちょっとはマシになっていたい、自分自身なんです。
ね(^^;
2012年09月01日 21:40
我を知る
そうですねぇ そのように自分を見つめて変えていくのは良いことですよね!!

昔の若い頃を思い出すと恥ずかしいことが多すぎますわぁ~~


もうちょっと頑張ってみるかな~~

ほい あじ丼
夕顔とひまわりさんへ koji
2012年08月31日 07:49
> 若い頃は、意外と忘れがちでしたね~。
はい、ボクもそうでした。
> 誰かの為に役に立ちたいとか、相手の事を思う心が大 事だと実感しています。
そうなんですよね。
誰かのためにならガンバレる。
そのガンバレる源の存在に感謝しなくちゃって思います(^O^)
2012年08月31日 07:41
> 「人生は8合目からが面白い」
深い言葉ですね。
ボクは6合目くらいかなあ。
かなり
面白くなってきましたよ。

> 「都会で!カブトムシを捕まえる方法教えま す!」
早速拝見しました。
わかりやすい記事でした。
長男がその気になったら、来年の夏休みに
やってみたくなりました!(^^)!
2012年08月30日 07:04
気持ち玉有難うございます~♪
「おかれた場所で咲きなさい」
ごもっともだと思います。
若い頃は、意外と忘れがちでしたね~。(笑い)
自信過剰はよくないけれど、自信は持たないといけないと思っています。
内面的な自分磨きって、大事ですね~。
唯、人間って誰かの為に役に立ちたいとか、相手の事を思う心が大事だと実感しています。
2012年08月29日 20:38
こうして、自分を見つめる習慣って本当に大切な事だとおもいます。
年代を重ねていくに連れ、そのことがわかってきました。
登山家の田部井淳子さんが「人生は8合目からが面白い」と言いましたが
内面を鍛えている人から出る言葉でしょうね!
お嬢様の牛乳パックのリサイクルの記事を読んで、清兵衛も始めた
夏休み自由研究テーマ「都会で!カブトムシを捕まえる方法教えます!」
の実験が、ようやくレポートになりました。

この記事へのトラックバック