ちょっとホッとするコラム(略してホッコラ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 論語 吾、日に三たび吾が身を省みる

<<   作成日時 : 2011/08/27 06:32   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 1 / コメント 12

今日も論語のお勉強。

論語の勉強の始まりはこちらから。
論語 九思を学ぶ


子曰く、吾、日に三たび吾が身を省みる

<訳>
先生はおっしゃった。
わたしは、毎日たびたび自分の行動を反省する。


ボクは昔「反省する」のが嫌いだった。

「反省だったらサルでもできる」

そんな言葉もあったよね。


改めて考えるに、ボクが嫌いなのは反省ではなくて、「落ち込み続ける」ことだったんだなあ、と気づいた。

過ちや間違いがあったら、素直にそれを認めて同じことを繰り返さなきゃいいんだよなあ。

それが「学習する」、「成長する」っていうことだと思うんだよね。

素直に反省したら、落ち込まずに、同じ失敗を繰り返さないようにしようっと。

ちなみに「反省」を国語辞典で引くと
自分の言動やありかたを振り返って、改めて考え直すこと。

とある。
・・・確かに。

では孔子様のお弟子さんは何を反省したか?

曾子(お弟子さん)は言う。

@人のための配慮をまごころからしたか(人の為に謀り手て忠ならざるか)

A友人との交際で忠実であったか(朋友と交わりて信ならざるか)

B身についてもいないことを人に教えたりはしなかったか(習わざるを伝えしか)


わーん、ごめんなさーい。

反省しまーす。


出典:故事ことわざで読む論語 坂田新著 小学館


孔子様はまた、こうもおっしゃる。


子曰く、過てば、改むるに憚ること勿れ

<訳>
先生がおっしゃった。
人間は過ちに気がついたら、ただちに改めることが必要である。

そうなのだ、間違ったら反省して、相手がいれば謝って改めればいい。

同じ過ちを何度も繰り返していると、そのうち誰にも相手にしてくれなくなるものなあ。


孔子様も次のようにおっしゃっている。

子曰く、過ちて改めざる、是れを過ちと謂う

<訳>
先生がおっしゃった。
過ちをしても改めない者がいるが、これこそ本当の過ちというものである。


確かにそうなんだよなあ。
間違いは誰にでもある。
モンダイは間違ったことに気づいたら、それから何をするか。
あるいは何をしないようにするか。

なんだよねえ。。。


だから落ち込む必要はないんだ。

落ち込んだふりして、反省もせず、同じことを何度も繰り返すのが一番よくない。


え?
ところでkojiは何を反省するのかって?

たくさんありますよ(苦笑)

ボク、これで職場ではけっこう仕事に厳しい方でね、自分が納得できないと、とことん議論するタイプなので、会議の席でヒートアップすることもしばしば。

・・・そこまで言うことないだろう・・・と反省したり。
・・・感情的になってはイケナイ・・・と反省したり。
・・・同じような失敗を繰り返している・・・さっきと違うじゃねえか。。。

1度の会議で3回くらいは反省できそうだなあ・・・

家ではどうだろう。
・・・新聞読みながら、ツマの話に相づちうったり・・・
・・・大事な話を後回しにしたり・・・
・・・気分しだいで家事を手伝わなかったり・・・

はい、ごめんなさい。

反省します。

出典:声に出して活かしたい論語70 三戸岡道夫編著 写真・塩塚邦夫 栄光出版社

            

春の終わりに、長女が学校から持ち帰ってきた、2本のひまわりの苗。

教室の窓側に置かれていたそれは、ひょろひょろしてなんとも頼りなげだったのに、

長女とふたりでお世話をしたら、見事な花を咲かせてくれました。


画像


大きい方は2メートルくらいまで伸びたよ。

画像


            


では、また。



声に出して活かしたい論語70
栄光出版社
三戸岡 道夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 声に出して活かしたい論語70 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。 koji

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2011年 傑作シリーズ 論語他、学び編
<学び編> ...続きを見る
ちょっと幸せを感じるコラム
2012/04/13 06:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは^^
>では孔子様のお弟子さんは何を反省したか?

内容に、私も。。
”わーん、ごめんなさーい”です。(苦笑)
でも改めることは出来るね。
自分に謙虚に!w
                   betty^^♪
betty
2011/08/27 10:48
今では世界共通語に成ったと云われる「改善・KAIZEN」。
今日のお話を読んで、更に奥深く意味深い事を再認識させて頂きました。
自己俯瞰出来る視点を常に持ち続ける様心に留めたいと思います。
論語シリーズ楽しみにしております。
suikousiya
2011/08/27 10:51
サルは私より上かもしれません。

ヒマワリ、御見事
ヤス
2011/08/27 20:14
論語!
学生時代足を引っ張ったちんぷん‘かんぶん’のイメージでしたが
kojiさんのやさしい解説のおかげで、少し身近なものになりました♪
そんなところに、『女子の論語』という本が出ているのを知ったので
いつか読んでみたいと思います!
ほんと、kojiさんのブログは色々勉強になります〜(*^_^*)MAHALO♪
miyumiyu
2011/08/27 22:38
誰かが言ってましたっけ。
成長できる人は人の話を素直に聞ける人だ。って。

ちょっとずつ、成長できると良いですよね(^^)
bettyさんへ koji
2011/08/28 05:58
確かに。
反省がカイゼンに繋がると良いですよね。
・・・自身のカイゼンに・・・
ガンバリマス(^^;
suikousiyaさんへ koji
2011/08/28 06:01
ひまわり、いいでしょ♪

でも今はもう花が大きすぎて、頭が垂れています。
「実るほど、頭を垂れる向日葵かな」(字あまり!)
って、感じです(^^;
ヤスさんへ koji
2011/08/28 06:03
へえー
>女子の論語
なんていう本が出ているのですか。

ボクも学生の頃、漢文はキライでしたね。

いまは不思議と楽しいです。

もう少し、論語シリーズは続けられそうですよ。
miyumiyuさんへ koji
2011/08/28 06:06
kojiさん、こんにちは^^

うーーん、毎日毎日反省することばかりですね
そして、同じことの繰り返し!!
まだまだ成長してないってことですよねぇ

ひとつずつ改善していけば、まだ成長できるかな

kojiさんのブログでいろいろ気付かせていただいてます^^

ひまわり!!きれいに咲きましたねぇ

うちも1年生の三女が朝顔を持ってきたのですが、
元気がなくて、花が咲くかな??なんて心配してましたが、
たくさんの花を咲かせることができました^^
花にもたくさんの愛情が必要なんですねぇ^^

子供たちの夏休みも今日までです。
賑やかだった毎日も穏やかになりそうです♪♪
姫ママ
2011/08/28 17:09
ひゃっひぇーっちょっとー
読み進むほどに 頭の垂れる 稲穂かな
あれ?どっかからのパクリですか?中身(実)を充実させて頭を垂れるならいいですが、がっくりきて垂れてたんじゃダメですね。
kojiさんのところで元気を取り戻したひまわりのように、お日様にしっかり顔を向けて心も体も(あ、体はもう無理か・・・)成長したいもんです。頑張ります!!!
黎明
2011/08/28 21:31
一年生は朝顔ですよね(^^)

長男の朝顔もここにきて花をたくさんつけています。

夏休み、こちらは明日まで。

ママには長ーい、夏休み、でしたね。

お疲れ様でした。
姫ママさんへ koji
2011/08/30 07:15
そうなのです。
落ち込んでいる場合ではないのです(笑)

反省しても落ち込まないで、ひまわりのようにお日さまをみたいものですね。

ボクもガンバリマス(^^;
黎明さんへ koji
2011/08/30 07:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
論語 吾、日に三たび吾が身を省みる ちょっとホッとするコラム(略してホッコラ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる