ちょっとホッとするコラム(略してホッコラ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ちりつもばあちゃんの むすんでひらいてまごそだて

<<   作成日時 : 2017/08/06 06:28   >>

ナイス ブログ気持玉 81 / トラックバック 0 / コメント 10

 久しぶりに本の紹介です。

「ちりつもばあちゃんの むすんでひらいてまごそだて/たなかとも著/じゃこめてい出版」

 はじめに断っておきますと、著者は友だちで、公平な書評はできないと思いますので、あしからず。

 著者は我が子を見ながら30年前に自分が体験したこと、そのときおばあちゃんに言われたことをちゃんと思い出すことができて、それをまるで昨日言われたかのように表現できている。

 そしてたまに登場するおじいちゃんの凛とした存在感がまたいい感じ。

「親のできることを、わしらがしたら、あかん。それでいて、親の代わり、つとめなあかん」

「肝にめいじて、覚悟もって、二人して挑めるか、どうかや」


などと、なかなかかっこいい台詞が出てきます。

ちりともばあちゃんの本はこれで3作目ですが、これが最高傑作ではないかと個人的には思ってます。

 文章に無駄がなく、どこかで聞いたようなお話でもなく、著者の体験を読む側が追体験できる。
ときには「そうそう、わかってるけどついつい言っちゃう」とか「とも母さん、それはおばあちゃんの言うとおりだよ」と突っ込みたくなってしまう。それだけ本に入り込むことができました。

 我が子が生まれたとき、元気ならそれでいい。と思いました。
 それから親の心得を学ぶと、この子は立派な魂を持って、いろんな体験をするために生まれてきたのだから、親が転ばぬ先の杖になってはいけない。
そして子どもたちにとっては母親の笑顔が一番大事。そう気づきました。
 だからボクはツマが笑顔でいられるために、自分はなにをすればいいか。なにをしてはいけないのか。そんなことを考えながら暮らしています。

 この本には、そんなことも教えてくれる、覚悟して孫育てを引き受けた、おじいちゃんとおばあちゃんのお話がたくさん出てきます。

 著者が母親になり子育てでうまくいかないとき、落ち込み、ため息をつき、ときには涙を流しながら、自分の子どもの頃の体験と我が子を重ねて、おばあちゃんに言われたことを思い出しながら、あの頃の母親の気持ちに気づいていく。
 それは著者に限らず、多くの親が体験すること。

 子育て、親育てに悩む人に読んでもらいたい本です。


<今日の一言>
 たなかとも様
 素敵な本を世に送り出してくださり、ありがとうございます。


以前にご紹介したちりつもばあちゃんの本を紹介した記事はこちら↓

99歳、ちりつもばあちゃんの幸せの道しるべ

ちりつもばあちゃんの幸せになるふりかけ



ちりつもばあちゃんの むすんで ひらいて まごそだて (ちりつもばあちゃんシリーズ)
じゃこめてい出版
2017-01-27
たなか とも

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ちりつもばあちゃんの むすんで ひらいて まごそだて (ちりつもばあちゃんシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








99歳 ちりつもばあちゃんの 幸せの 道しるべ
じゃこめてい出版
たなか とも

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 99歳 ちりつもばあちゃんの 幸せの 道しるべ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




今日も皆様の周りが笑顔でいっぱいになりますように(願)



本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。 koji

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 81
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

「ちりつもばあちゃんの むすんでひらいてまごそだて」ですか。
著者の方、お友達なんですか。
それは素晴らしいですね。
関西の方なんですかね。
読んでみたいです。
トトパパ
2017/08/06 10:06
人としての大事なことがいっぱい詰まっていそうな本ですね。
核家族化が進んでもう何十年か経ちますね。
人生いろいろ、、。
こんなおばあちゃんがいてくれたら、ちょっとお茶菓子持って、おしゃべりに行きたいですね。
keikoさん
2017/08/06 16:28
トトパパさん、こんにちは。

著者は京都のご出身だと思います。

素敵な本なのでオススメです。
コメントありがとうございます。
トトパパさんヘ koji
2017/08/06 16:54
keiko先生、こんにちは。

>こんなおばあちゃんがいてくれたら、ちょっとお茶菓子持って、おしゃべりに行きたいですね
本当にそうですね。
お茶菓子持って、遊びに行くって、楽しそうです。

コメントありがとうございます。
keikoさんへ koji
2017/08/06 16:57
孫とは一緒には暮らしていませんが、どのように接するかが分からない時も
たまにあるので、読んでみたいですね。
著者が京都の方なら、なおさら興味があります。
つばさ
2017/08/08 16:33
つばささん、こんばんは。

ご紹介した本はおばあちゃんの言葉も京都言葉で表現されているので、まるでおばあちゃんの声が聞こえてくるかのように感じます。

おばあちゃんに育てられた子が親になってからも、おばあちゃんに時おり指摘されるするどい一言にハッと気付かされる。
そんなお話が載ってます。
興味を持ってくださり、ありがとうございます。
つばささんへ koji
2017/08/08 18:05
こんばんは〜
育児・しつけ・・・難しいですね。
気になった言葉、「親が転ばぬ先の杖」にならないように
私には耳の痛い言葉です。
子育て中の年代の人にも。
つむぎ
2017/08/10 22:47
つむぎさん、おはようございます。

親は子どもが心配で、いつまでも口を出したり手を出したりしますよね。
そうすると、子どもの心の奥深くでは、いつまでも親の言うことを聞いてると大人になれない!という叫び声が聞こえるから、反抗期になるのだろうと思ってます。

親が転ばぬ先の杖にならず、我が子を信じて見守っていれば、子どもは自分なりに必要な体験をしながら成長する。

そうは思うものの、親の欲目に振り回され、ついつい口も手も出してしまう自分がいますから、自分の戒めにもそうなりたいと願っていることをブログに書いています。
コメントありがとうございます。
つむぎさんへ koji
2017/08/11 08:59
子育てって、若い夫婦だけじゃ
本当に大変という事を、最近しみじみ
感じます。じじばばの経験値は
絶対役に立つし、またそれを生かさなきゃ
いけないんだと思う今日この頃でして…。
yasuhiko
2017/08/11 14:47
yasuhikoさん、こんにちは。

うちは長女を身ごもった時、里帰り出産を選択しました。
やっぱり一度子育てを体験した経験値というのはすごいものですよね。
ボクたちの安心感が違いました。

特に今の若い夫婦は共働きも多く、保育所に入れるのも一苦労。
お近くでおじいさん、おばあさんがフォローできる環境にあればとてもありがたいことだと思います。
コメントありがとうございます。
yasuhikoさんへ koji
2017/08/11 15:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちりつもばあちゃんの むすんでひらいてまごそだて ちょっとホッとするコラム(略してホッコラ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる